子育て情報『小学生も夢中!新聞紙であっと驚くアート作品のすすめ』

2020年5月19日 11:20

小学生も夢中!新聞紙であっと驚くアート作品のすすめ

おうち時間が長くなっていますが、子どもの息抜きにアートの時間を取り入れてみるのはいかがでしょうか。
今回、アーティストとして活動し、都内で絵画教室を主宰している小松冴果さんに、なるべく自宅にあるもので、子どもの想像力を使って自由にできるクラフトをいくつか教えてもらいました。

ポイントは気軽にできること!自宅にあるものを利用

・なるべく家の中にあるものでできる
・小学生くらいだと親の手を多く借りなくても熱中してくれる
・正解はない!できあがりはその子の感性次第

この3つが小松さんが大事にしているポイントです。

自宅にあるものでできるので、わざわざ材料を買いに行かなくても、親の余裕があるときに、「少し時間があるし、やってみようか」と気軽に取り組めるのはうれしいポイントですよね。
また、どの工作にも子どもがひとりで熱中できるパートがあります。ひたすら、絵を描いたり、シールを貼ったり、新聞紙を丸めたり…そういった工程が含まれているので、親が「こうしなさい!」「ああしなさい!」とずっとついてなくても大丈夫。
もちろんお手伝いは必要ですが、親の根気はいりません(笑)。

教えてもらった工作は、多くが海外のサイトを参考にしてるそう。そして、完成はこうでなければならないというものはありません。子どもの感性によって個性豊かなものができあがり、作った後は、それを使って遊ぶことができます。
実際に体験した小4の息子は、製作に熱中し、その後も自分の作ったものを遊びに取り入れて長く遊んでいます。

早速作ってみよう!想像力をたくさん使って!

【新聞紙アニマル】
材料:新聞紙、セロハンテープ1本くらい、ハサミ(必要に応じて)

ありったけの新聞紙をビリビリ破って、きゅっきゅっと丸めて、カタチを作っていきます。家にあるぬいぐるみなどを参考にしながら、とにかく丸めていくだけ!
3歳ぐらいから楽しくできると思います。パーツができたら、パーツごとにセロハンテープでぐるぐる巻きに。最後に全部のパーツをさらにテープでくっつけたら完成です。
息子は、大好きな恐竜を作りましたが、新聞紙を丸める工程を1時間ほど集中して行っていました。
セロハンテープを際限なく使っていいことにしよう!と親が割り切ると、長時間ぐるぐると楽しくできるのでオススメです。

目次

・ポイントは気軽にできること!自宅にあるものを利用
・早速作ってみよう!想像力をたくさん使って!
・ゴッホになりきって絵を描こう!
・子どもに与えてあげたいものとは
小学生も夢中!新聞紙であっと驚くアート作品のすすめ


【フレキシタングル】
材料:型紙(下記のサイトからダウンロードできます)

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.