子育て情報『思いがけず3人目を妊娠…産むことを悩んだ私の決断』

2020年7月31日 11:20

思いがけず3人目を妊娠…産むことを悩んだ私の決断

目次

・妊娠した事実を受け止められない日々
・気づけば3人のママがまわりにたくさん
・すでに2人のママだから悩む3人目の壁
・前向きになれたのは子どものおかげ
・大変なことがあっても、幸せは3倍
・3人目は孫のようにかわいいは本当だった!
思いがけず3人目を妊娠…産むことを悩んだ私の決断


「3人目の壁」という言葉をご存じですか?私はこの言葉を第3子を妊娠してから知りました。
というのも、私自身がまさかの3人目を妊娠。発覚してからかなり動揺して、「3人目」についてネットで検索して知ったのです。
そんな私が3人目の妊娠から出産で感じたこと、実際の状況を赤裸々にお伝えしたいと思います。

妊娠した事実を受け止められない日々

私の場合、本当に3人目の希望はありませんでした。
長女が幼稚園に入園して夏休み前の7月ころ、2歳差育児が少しラクになりつつあった時でした。
なんとなく体調がおかしいかな?と思う日が続いていた時に、毎月くる女性の日が遅れていることに気づきました。
毎月周期は順調なタイプで、3日以上予定より遅れることはほぼなかったので、かなり焦りました。
検査薬の説明書には、1週間遅れたら使用可とあったところを、気が急いて5日目に使用することに。失敗しても大丈夫なように2本セットを購入して、まず1本使用しました。

結果は、陽性…。
1週間経っていない状態で検査したのにも関わらず、陽性が出たことに驚きとショックを受けました。
正直にいうと、罰当たりですがまったく喜べませんでした。夫婦そろって、「え…どうしよう」という感じです。
自分がまさか3人目を妊娠する日が来るなんて、想像をしたこともなかったのです。

気づけば3人のママがまわりにたくさん

何事においても、自分がその立場になってみて初めて目についたり、気づくことってありますよね。
まさに、今回の私がそう。第3子の妊娠がわかって改めてまわりを見たら、知り合いや友達に3人目を妊娠・子育て中のママがたくさんいることに気づいたのです
街を歩いていても、子どもを3人連れているママをよく見かけるようになったり、芸能界では藤本美貴さんが3人目妊娠している時期でした。
自分のまわりに同じ状況のママがいると分かると、不思議と少しづつ前向きに考えられるようになっていきました。
とはいえ、完全に前向きになれて「よーし!出産して3人子育てがんばるぞ」というわけではありません。
妊娠した事実を否定的にしか見られなかったのが、出産したらどうなるのか?と前向きに未来について考えられるスタート地点に立った感じです。私より先に3人目を妊娠して、すでに出産しているママ友に相談してみたら、「まさかの妊娠で悩んだけど産んでよかった」という話が聞けたり、私より少し先に3人目の妊娠がわかったママ友も「やっと前向きに出産しようと思える」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.