子育て情報『中学生のスマホデビュー・リアルタイムレポート 憧れの声優さんに、小学5年生の女の子が直接インタビュー ~ どうしたら、声優になれるの!?』

2018年10月3日 12:00

中学生のスマホデビュー・リアルタイムレポート 憧れの声優さんに、小学5年生の女の子が直接インタビュー ~ どうしたら、声優になれるの!?

編集部:学研キッズネット編集部

いま、小学生のあこがれの職業“声優”。でも「いったいどうしたらなれるの?」という素朴な疑問を、直接声優さんに聞きました。

目次


・いろんな経験ができるので、声優は楽しいですよ!

・“好き”から生まれたものは将来役に立つはず!
・プロフィール・駒形さんからのメッセージ




インタビューしたのは、「将来声優になりたい!」という小5のあやねちゃん。

答えてくれたのは、『キラキラ☆プリキュアアラモード』のオープニングテーマ曲『SHINE!! キラキラ☆プリキュアアラモード』を歌い、同作品に“ゆり”役で出演していた駒形友梨(こまがた ゆり)さん。

憧れの駒形さんを前に緊張気味でしたが、あやねちゃんは、しっかりと質問してくれました。そして、駒形さんもどんな質問にも、笑顔でわかりやすく答えてくれました!

中学生のスマホデビュー・リアルタイムレポート 憧れの声優さんに、小学5年生の女の子が直接インタビュー ~ どうしたら、声優になれるの!?

駒形友梨さんは、声優だけでなく歌でも活躍中!

いろんな経験ができるので、声優は楽しいですよ!

あやね:わたしはアニメが大好きで、将来声優さんになりたいんですけど、声優さんにはどうやってなりましたか?

駒形:高校を卒業後、専門学校の声優科へ進学し、演技の勉強を始めました。そこに通いながら、たくさんのオーディションを積極的に受け、そのなかの「アニソングランプリ」というコンテストに出場し、声優さんのお仕事をもらえる芸能事務所に声をかけていただき、入ることになりました。

わたしのように、専門学校から声優になる子もいれば、小さなころから児童劇団などに入り、演技の勉強をしたり、声優事務所がやっている養成所に入ったりして、声優になる子もいます。

あやね:声優さんになって、大変なことを教えてください。

駒形:自分がいいと思った演技をしても、監督さんが違うものを求めていたら、それは合格にはなりません。監督さんがいいと思うものを、すぐに演技できることが大事なので、毎日いい演技ができるように勉強しています。たまに、台本がギリギリに届くことがあるのですが、そのときは練習する時間が短いのでとても大変です。でも、そのぶん、できたときはとても嬉しいですよ。

あやね:声優さんになって楽しかったことはなんですか?

駒形:たくさんのキャラクターと出会って、その人たちになって、いろいろな経験ができることです。あとは、みんなの前で、大好きな歌を歌えることです。みんなの前で歌うことで、みなさんが笑顔になってくれたり、盛り上がってくれることが幸せです。

中学生のスマホデビュー・リアルタイムレポート 憧れの声優さんに、小学5年生の女の子が直接インタビュー ~ どうしたら、声優になれるの!?
少し恥ずかしがりやさんのあやねちゃんですが、がんばってインタビューしてくれました。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.