子育て情報『「才能があっていいな」自己肯定感の低い発達障害娘を褒めていたときの、息子の一言でハッとして。メディアの影響も?』

2020年8月13日 08:00

「才能があっていいな」自己肯定感の低い発達障害娘を褒めていたときの、息子の一言でハッとして。メディアの影響も?


気持ちを上げるために

発達障害の娘は今年で社会人3年目です。
今では休むことなく毎日勤務している娘ですが、就職して間もない頃は嘔吐や頭痛、腹痛などでよく会社を休んだり早退したりしていました。

状況改善のためジョブコーチや地域活動ホームの相談員さんと連携・相談などをする一方で、気分が落ち込み気味だった娘のモチベーションアップのため、家庭では仕事以外の趣味や余暇の過ごし方を工夫しました。

休みのときはスイーツを食べたり、カラオケに行ったりしました。
また、唯一好きなスポーツ、水泳で体を動かしたりもしました。

中でも、娘が小さい頃から大好きだった絵画の制作には多くの時間を費やしました。

あるとき、娘が描いた絵画が、ある賞を受賞したと主催者から連絡がきました。

私は娘の気持ちを上げるため、ここぞとばかり娘を褒めまくりました。

「才能があっていいな」自己肯定感の低い発達障害娘を褒めていたときの、息子の一言でハッとして。メディアの影響も?の画像

Upload By 荒木まち子


その様子を見ていた定型発達の弟の反応は...

「才能があっていいな」自己肯定感の低い発達障害娘を褒めていたときの、息子の一言でハッとして。メディアの影響も?の画像

Upload By 荒木まち子


メディアの影響もあるのかも

確かに娘には凸凹があります。

空間認知能力が低い。聴覚過敏がある。人とのコミュニケーションが取りにくい。計算が苦手。
それでいて本から学んだ知識の量、PCスキル、勢いのある絵の描写や色彩のセンスは優れています。

でもそれらが『特別な才能』と言えるほどかというと、正直“?”な感じです。

息子は当時10才。まだ幼いこともあり、よくメディアなどで取り上げられる『障害のある人は、特定の分野においてずば抜けた才能がある』といった情報を鵜呑みにしていたのかもしれません。

実際『ある分野で天才的に秀でた能力を持っている障害者』もいるでしょう。しかしながらそれはほんの一握りであって、娘を含め多くの障害者はそうではありません。

私は娘が「得意なこと」や「好きなこと」で生計を立てていくことを望んではいません。
本人が熱意と覚悟を持ってそれを希望するなら話は別ですが、好きなことも仕事になると自分の思い通りにならないことが多く、逆に辛くなるということを、娘はすでに経験から学んでいます。また、娘は体調がメンタルに左右されやすいタイプです。

趣味や好きなことでストレスを発散し、精神的・身体的に落ち着いて、“毎日ハッピー!”とまではいかなくても、辛いとかしんどいと感じない日々を送ってくれたら良いな、と私は思っています。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.