子育て情報『その後の学習理解度を大きく左右する。低学年の勉強がものすごく大切な理由』

2019年5月3日 07:35

その後の学習理解度を大きく左右する。低学年の勉強がものすごく大切な理由

目次

・【国語】漢字は成り立ちから考える。音読は具体的に褒める。
・【算数】足し算・引き算をとにかくしっかり定着させる
・勉強が簡単なうちに身につけたい「学習習慣」と「問題解決力」
その後の学習理解度を大きく左右する。低学年の勉強がものすごく大切な理由

「小学校入学前にひらがなやカタカナを覚えたし、簡単な足し算・引き算なら大丈夫!」というご家庭が多くなっています。出遅れないようにと準備して臨みますが、小学校低学年で習う内容は簡単なので、入学後は親子で拍子抜けしてしまうかもしれません。

ところが、簡単な低学年での学習内容こそが、中学年以上での理解度を大きく左右する大事な基礎となります。簡単なのに絶対外せないのが低学年の学習内容なのです。

今回は、低学年(1~2年生)で習う国語と算数の学習内容からいくつか例を挙げ、どんなポイントが重要なのか、何に気をつけて学習すれば学年が上がっても苦労しないのかを紹介していきます。

【国語】漢字は成り立ちから考える。音読は具体的に褒める。

まず国語ですが、文部科学省の学習指導要領には1年生の授業全体850時間のうち306時間が、2年生は910時間のうち315時間が定められ、実に3分の1以上の授業時間が費やされるほど重視されています。

【重要ポイント】
ひらがな、カタカナ、漢字の読み書きによって、物の名前や動きや様子、自分や相手の気持ちを理解し表現できるようになります。漢字は1年生で80文字、2年生では160文字を習いますが、身の回りのことを伝えるのに必要な、数、方向、位置、形状、色、時間、自然、天気、学校生活でよく使う日常生活に密着した文字が中心になります。
その後の学習理解度を大きく左右する。低学年の勉強がものすごく大切な理由

<↑1年生で習う漢字>
その後の学習理解度を大きく左右する。低学年の勉強がものすごく大切な理由

<↑2年生で習う漢字>
【勉強のコツ】
正しい文字を習得するには、書けることよりも読めるようになることが先で、ひらがな、カタカナ、漢字のどれにも同じことがいえます。その中で、

■形がよく似ている文字を比べてどこか違うのかを見つける
■ひらがなとカタカナは1文字ずつ対応していることが分かる
■漢字にはよく似た仲間(部首)がある

といった、文字の比較から部首の存在に気づけると、漢字の成り立ちや意味をスムーズに理解できるので、その先の漢字学習が楽になります。ただくり返し書くだけでなく、漢字にインパクトを持たせることが重要なのですね。

また、低学年の教科書に取り上げられている文章は、シンプルでリズムが良いのが特徴で、何度も繰り返し音読してフレーズに親しむことで、文章の組み立て方や表現の仕方を学ぶことができます。語彙や表現方法の幅が広がると文章力アップにつながります。子どもの音読は聞き流しせず、「おじいさんのセリフがとてもよかったよ」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.