子育て情報『子どもたちに “観て、聴いて、音を感じる” 経験を! 親子で楽しく音楽鑑賞【2019年おすすめコンサート】』

2019年7月21日 07:14

子どもたちに “観て、聴いて、音を感じる” 経験を! 親子で楽しく音楽鑑賞【2019年おすすめコンサート】

目次

・音楽鑑賞は「感性」と「知性」が成長する
・【2019年下半期】おすすめコンサート情報♪
・もっと気楽に!0歳から参加可能なコンサート情報♪
子どもたちに “観て、聴いて、音を感じる” 経験を!親子で楽しく音楽鑑賞【2019年おすすめコンサート】

スマートフォンやタブレットなどの普及で、いつでもどこでも音楽を楽しめるようになり、子どもたちが気軽に身近に音楽に触れられる機会が増えました。

しかし、媒体を通した “音” では得られない効果が、生演奏の “音” にはあることがわかっています。そうは言っても、実際にコンサートに子連れで行くのは「いろいろハードルが高い」と心配な方は多いですよね。

そんな不安を解消してくれる、子どもに優しい&楽しいコンサートをご紹介します。

音楽鑑賞は「感性」と「知性」が成長する

子どもの頃から音楽を聴くと、次のような効果が生まれることがわかっています。

■感受性を育む
■言語能力の発達
■知能の向上

さらに、コンサートや音楽会など生の演奏(音)を聴くことで、効果が倍増するという事実も。それはなぜでしょう?

その答えは、録音音源では得られない臨場感が生演奏にはあるから。演奏者の表情、息遣い、会場の盛り上がり、楽器の振動など、音楽を五感で感じることができるからです。脳が多くの刺激を受けることで、感性も知能もより成長するというわけです。

実体験は、言葉では表せない感情や感動も引き起こします。日本オーケストラ連盟が、クラシックコンサートで音楽鑑賞をした子どもたちを対象に行なったアンケートがあります(対象:小学校1~6年生)。生演奏を聴いた直後の子どもたちの心の動きを8つの視点から、そして少し時間が経って、その経験により気持ちがどう変化して日常に影響しているのかを4つの視点からとらえられており、そこからは子どもたちの素直な反応が見て取れます。

音楽鑑賞直後は、なんと73%もの子たちが「自分が変わった!」と答えています。


「とても勇気がわいてきて、たのしかった」
「心がワクワクした。心があこがれると思った」
「なぜかいつもの自分とはちがう自分になれた」

(引用元:公益社団法人 日本オーケストラ連盟|子どものためのオーケストラ 魔法を届ける)

確実に生の音楽が子どもたちに響いた証拠がここにあります。

その後、その感動はどのように変化していったでしょうか?調査の結果、76%の子どもたちに「元気が出た」「毎日を楽しめるようになった」などのポジティブな変化が見られたそうです。また、オーケストラは、さまざまな楽器、さまざまな演奏者が交わってひとつのハーモニーを奏でることから、多様性が身につくという面もあるそうです。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.