子育て情報『【バルミューダ トースターが当たる】くらしにまつわるアンケート&電話相談で応募完了!お得な限定キャンペーンの紹介』

2022年3月25日 00:00

【バルミューダ トースターが当たる】くらしにまつわるアンケート&電話相談で応募完了!お得な限定キャンペーンの紹介

月々の負担を少なくしてかしこく貯めるためにも、妊娠中から加入している方もいるのでぜひ参考にしてくださいね。

「満足」学資保険に加入した体験談

妊娠中に加入しました

妊娠中に学資保険の検討を始めました。学資保険に加入したのは長男が3ヶ月のときです。将来の教育資金の金額を決めて、いくつかの保険会社の商品を取り扱っている保険代理店に相談しました。

結果、一番利率が良い学資保険商品を紹介してもらい加入しました。

お世話になっているプランナーに相談

子どもが生まれたとき、ファイナンシャルプランナーに保険の見直しを相談しました。子どもが小さなうちは医療費助成などで医療費はほとんどかからないということから、学資保険をすすめられました。

いくつかプランを提案してもらい、最も返戻率が高い商品を選びました。

まずはネットで情報収集

子どもが生後2ヶ月のころに学資保険に加入しました。ネットで情報収集しているうちに無料で保険相談ができることを知り、思い切ってファイナンシャルプランナーに相談しました。

子どもの教育資金は充実させたく、児童手当などとは別に学資保険を契約しました。

「失敗したかも…」学資保険に加入した体験談

知り合いにすすめられて加入したものの…

保険会社に勤める知り合いから出産祝いをたくさんいただいたので、付き合いもあると思い子どもの学資保険に加入しました。返戻率はそこそこ良いのですが、もっと自分たちに合った保険があったことを後から知りました。

学資保険に加入する際は、さまざまな保険を検討すれば良かったと後悔しています。

学資保険に「加入しなかった」

学資保険以外の保険に加入しました

第一子が生後9ヶ月頃です。ファイナンシャルプランナーに保険の見直しを相談しました。子どもの教育資金についても提案があったのですが、学資保険よりも利率が高い貯蓄型の保険をおすすめされました。子どもが高校生に上がる際の返戻率(へんれいりつ)が大きかったので、学資保険の代わりに加入しています。

保険選びは保険のプロに相談するのがおすすめ

保険には、学資保険意外にも生命保険、医療保険、火災保険、年金保険などさまざまな商品があります。保険の内容や返戻率は年々変わることがほとんどで、個人で調べるのは大変な作業です。

だからこそ、かしこく貯蓄したり子どもの教育資金を蓄えたりするためにも保険の見直しのプロ(ファイナンシャルプランナー)

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.