子育て情報『規制は困難? “集団ストーカー”の実態と被害にあったときの対策』

2017年6月30日 19:38

規制は困難? “集団ストーカー”の実態と被害にあったときの対策

規制は困難? “集団ストーカー”の実態と被害にあったときの対策

『集団ストーカー』という言葉を聞いたことはありますか?

これは、個人に対してある集団が組織的な嫌がらせを行うことをさす言葉で、大きな問題となっています。

目的が不明なこともあり、組織的に行われることもあることから、 一般的なストーカーとは大きく異なる部分もあり、これによって恐怖を感じたことのある人も少なくないようです。

ここでは、集団ストーカーの特徴や対策などについて紹介したいと思います。

●集団ストーカーとは

特定の個人を恐怖に陥れる集団ストーカー

これは、複数の人間による嫌がらせ行為やそれを行う集団をさす言葉で、尾行や監視に始まり、24時間のつきまとい行動として現れることもあるようです。

その行為は「ガスライティング」と言われることもあり、被害者を精神的に追い込んでいくことが特徴。

一般的なストーカーというのは、恋愛感情などを発端に特定の個人に執着した加害者が個人で嫌がらせ行為を行うものですが、集団ストーカーは目的が集団で共有 され、それを実行するために計画的に行われることが多いと言われています。

個人からのストーカー以上に被害者を追いつめる行為として、いま問題となっているようです。

●集団ストーカーの目的と手口

最も被害が多いと言われているのは、「盗聴」「盗撮」です。

これは、プライベートな情報を得てそれを周囲でほのめかすことで、被害者に強い圧迫感や不安感を与える ことができるためと言われています。

また、被害者に対するつきまといも主な行為のひとつ。

家を出てから帰宅するまで、あらゆる場所でつきまといを受けることもあり、車や自転車などへのいたずらが行われることもあります。

これらの行為を24時間365日続けられることで、被害者は精神的に追いつめられ、平穏な社会生活を送ることが困難になる のです。

被害者の行為をきっかけに、なんらかの目的を共有して行われる集団ストーカーですが、まれに目的が不明なこともあると言われています。

●集団ストーカー被害にあった人の声

『家を出た瞬間に目の前にいた人から「昨日の晩ご飯はシチューだったでしょ」と言われ、恐怖を感じました。その場からすぐ離れたのですが、他にも周囲の視線を感じることが多くなって……。次第に外出することができなくなり、プライベートが失われてしまいました』(30代女性/事務)

『不注意でお風呂場で転んだことがあったのですが、翌日家の前にいた2人組が「風呂で転ぶと痛いよな」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.