子育て情報『J通算220ゴール、稀代のストライカー佐藤寿人が語る世界で活躍するストライカーの共通点』

2021年9月8日 20:00

J通算220ゴール、稀代のストライカー佐藤寿人が語る世界で活躍するストライカーの共通点

Jリーグ歴代最多得点を持つ稀代のストライカーは誰よりも貪欲のゴールを目指し、努力を重ねてきました。21年間で積み上げたゴールは220。中学3年生の時に2列目へコンバートされても諦めず、練習後は照明が消えるまでシュートを撃ち続けました。

多くのゴールを決められたのも、日々の積み重ねがあったからです。昨季限りで現役を退いた佐藤寿人氏はどのような幼少期を経て、Jリーグの歴史に名を残すストライカーになったのでしょうか。

柏レイソルなどで活躍をした長谷川太郎氏が代表を務める一般社団法人TREが主催した"TRE2030 STRIKER PROJECT"の各ACADEMY(ストライカーアカデミー・TRE.Lab・朝TRE・ゴールスキルサーキット)の「SPECIALストライカークリニック」に参加した際に、お話をお伺いしました。

ご自身の幼少期を振り返りつつ、子どもたちに伝えたかったことは何か。前編と後編に分けてお伝えします。
(取材・文・写真:松尾祐希)

目次

・もっとゴールを奪いたい、その欲があったから厳しいトレーニングに向き合えた
・昔から「自分で決めたい」という気持ちが強かった
・国内外問わず、得点を重ねているストライカーの共通点
・サッカーの楽しさをいかに感じてもらえるか
・世界のスピードと日本の成長速度をどう縮めていくかが今後の課題


J通算220ゴール、稀代のストライカー佐藤寿人が語る世界で活躍するストライカーの共通点
(写真:松尾祐希)

関連記事:佐藤寿人 × TRE2030 SPECIALストライカークリニックイベントレポート

■もっとゴールを奪いたい、その欲があったから厳しいトレーニングに向き合えた

――以前、双子の兄である佐藤勇人氏と千葉で監督を務めた江尻篤彦氏にお話を聞いた際に、向上心がすごかったという話をされていました。改めて、ご自身の現役生活を振りかっていかがでしたでしょうか。

成長したいという欲がなければ、21年もプロサッカー選手はできませんでした。ジェフ千葉に所属していた昨季も「もっと上手くなりたい」と思って取り組んでいましたし、むしろ「まだまだ下手だな」と思ったぐらいです。

(上手くなりたいという想いは)現役から離れる時まで常に持っていましたし、今でもその想いは少しあります(笑)。引退後の現在でもシュートを打つと、「もっと上手くできるかな」と思うんです。

現在は、プロとして結果を残さなければいけない立場ではないので、そこはもう少し楽しんでやっています。自分は子どもの頃から「上手い」と言われていたわけではなかったので、常に「もっと上手くなりたい」と思って練習に取り組んできました。

もっとゴールを奪いたい。その欲があったからこそ、厳しいトレーニングに向き合えたと思っています。

■昔から「自分で決めたい」という気持ちが強かった

――元々、佐藤さんはFWとしてゴールに拘るメンタリティーをお持ちだったのでしょうか?

昔からゴールに拘るメンタリティーを持っていて、自分で決めたい気持ちが強かったです。

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.