子育て情報『書き出すことで課題解決につながる! 指導者たちが実感するサカイクサッカーノートの効果とは』

2021年12月2日 19:02

書き出すことで課題解決につながる! 指導者たちが実感するサカイクサッカーノートの効果とは

サカイクとしつもんメンタルトレーニングが開発した『サカイクサッカーノート』。使用した子どもたちや保護者、コーチから「書きやすい」「子どもの考えを知ることができて良い」などの感想をいただいています。

今回はシンキングサッカースクールに通う小学4、5年生のお子さんと保護者の方に、サカイクサッカーノートの活用についてうかがいました。
(取材・文:鈴木智之)

藤代さん監修!
1日10分で書けるサッカーノート>>

目次

・サッカーノートは「正解」を探すものではないと認識して
・「大人に見せるため」に書くノートにしてはいけない
・指導内容がしっかり伝わっているかを確認でき、スタッフ間で共有できる
・ノートが親子の会話の糸口にも!親子の関係性をよくするのにも使える


書き出すことで課題解決につながる! 指導者たちが実感するサカイクサッカーノートの効果とは

シンキングサッカースクールの生徒が書いているノートの誌面を見せてもらいました

【関連記事】サカイクサッカーノートで育まれる、"不確実な時代"に必要なスキルとは?

■サッカーノートは「正解」を探すものではないと認識して

千葉県佐倉市ユーカリが丘で活動中の「シンキングサッカースクールユーカリが丘校」には、幼稚園生から小学6年生までのお子さんが通っています。どのカテゴリーも『サカイクサッカーノート』を使い、子どもたちの成長やサッカーの上達に役立てています。

メインコーチを務める菊池健太コーチは「サッカーノートは小学1年生から書いています。小さい子の場合は、内容は気にせずまずはやってみようというスタンスです」と話します。

「僕たちコーチの方から、『こういうふうに書きなさい』と言ってやらせるのではなく、気づいたことやそのときの思いを素直に書いてほしいです。上手に書けなくてもOK。学校の授業ではないので、正解探しにならないように気をつけています」(菊池コーチ)

■「大人に見せるため」に書くノートにしてはいけない

ノートにはコーチや保護者がコメントを書く欄があります。そこについては「できた、できない、良い、悪いと、大人が評価をしてしまうと、大人に見せるために書くノートになってしまいます。それでは意味がありません」と話し、次のように続けます。

「ノートを書くことは強制ではないですし、学校のテストでもありません。あくまで子どもたちが、サッカーについて考えたり、イメージをふくらませるための手助けになるツールだと思っています」

■指導内容がしっかり伝わっているかを確認でき、スタッフ間で共有できる

サッカーノートを書くことは、お子さんだけでなく、コーチや保護者など、大人にもたくさんのメリットがあるようです。「子どもたちがノートに書いた内容を見ることで、僕たちコーチがトレーニングで伝えたことが、ちゃんと届いているかを確認することができます。

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.