子育て情報『VRなどの仮想環境を用いた外国語学習・効果的になるための3要素』

2022年5月19日 13:00

VRなどの仮想環境を用いた外国語学習・効果的になるための3要素

VR(仮想現実)は、目の前に映し出された世界に入り込んだような感覚を体験させる没入型技術の一つであり、一般の人々もますます利用しやすくなってきています。そして、海外では、これらの技術を活用した外国語学習についての研究も増えてきました。そこで今回、ワールド・ファミリー バイリンガル サイエンス研究所(※以下、IBS)は、IBS研究員(著者:ポール・ジェイコブズ Paul Jacobs・翻訳:佐藤有里)による、VRなどの仮想環境を用いた外国語学習に関する海外先行研究を要約したレビュー論文を公式サイトにて公開しました。

論文では、現時点で報告されている先行研究の結果を概説したうえで、特に小学生を対象とした研究を取り上げ、仮想環境での外国語学習が効果的になるための要素について考察しています。 以下、一部抜粋した内容をお伝えします。

VRなどの仮想環境を用いた外国語学習・効果的になるための3要素


●VRなどの仮想環境での外国語学習は、語彙、スピーキング、ライティング、学習動機、異文化学習に良い影響があることが先行研究で示されている。
●VRなどの仮想環境での外国語学習が効果的であった要因は、「社会性」「動機づけ」「多感覚刺激と身体動作」の三つである。
●外国語学習は、確かな教授法や理論的な枠組みと組み合わせれば、VRなどの没入型技術を使って効果を高めることができる。

■ VRなどの没入型技術と外国語学習
AR(拡張現実)やVR(仮想現実)を活用した外国語学習や外国語教育に関する研究は、ここ何年かの間で増加してきた。Li and Lan(2021) は、「Digital Language Learning(DLL)/デジタル言語学習」という用語を提唱し、ARやVR、自然言語処理(NLP)、機械学習、自動音声認識など、言語学習を支援する新しいデジタル技術について説明している。これらの技術を組み合わせることで、ユーザーは、外国語学習と関連があるオーセンティックな文脈(実際にそのことばが使われる状況)で、現実世界と同じようなやりとりを体験することができる(Nicolaidou, Pissas, Boglou 2021)。

■ VRなどの仮想空間における外国語学習についてわかっていること
没入型技術(VR/AR)を活用した外国語学習の研究は、主に、外国語能力の到達度、外国語学習の動機づけ、異文化知識に焦点を当てている。外国語能力の到達度については、語彙の知識、スピーキング力、ライティング力が最も多く調査されている分野である。

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.