子育て情報『IBS主催 第1回メディア向けセミナー「VRやAIを活用した最先端の英語学習法」』

2022年6月3日 11:00

IBS主催 第1回メディア向けセミナー「VRやAIを活用した最先端の英語学習法」

2022年5月23日、ワールド・ファミリー バイリンガル サイエンス研究所(以下、IBS)は、初の試みとなるメディア向けセミナーを開催しました。テーマは、「VRやAIを活用した最先端の英語学習法」。外国語教育やEdTech(Education & Technology)にご興味のあるメディア12社にご参加いただき、各分野の研究者を招いての講演やパネルディスカッション、VR・AIの体験会などを実施しました。当日のセミナー概要をご紹介します。

IBS主催 第1回メディア向けセミナー「VRやAIを活用した最先端の英語学習法」

IBS主催 第1回メディア向けセミナー「VRやAIを活用した最先端の英語学習法」


<実施背景>
テクノロジーを活用して外国語教育や外国語学習の効果を高めたり、課題を解決したりしようとする試みは、何十年にもわたって行われてきました。近年は、特にVR(仮想現実)やAI(人工知能)の活用に関する研究が世界各国で増えてきており、IBSも2022年5月にそれらの先行研究について概説・考察したレビュー論文をIBSウェブサイトで公表しています。日本の英語教育において実に多くの可能性を秘めていることから、メディアの方々に情報提供をするべく、今回のセミナー開催に至りました。

主なトピック
・VRやAIは、どのように外国語教育や外国語学習に活用できるのか?
・その効果について、現状、どのような研究結果が報告されているのか?
・子どもの英語教育や英語学習に役立てることができるのか?

■ パネルディスカッション「VR/AIによる学習と日本の英語教育の未来」
原田哲男教授(早稲田大学/IBS学術アドバイザー)、IBS主任研究員 Paul Jacobs(ポール・ジェイコブス)、そして今回の講演者である中央大学 国際情報学部 斎藤 裕紀恵准教授、早稲田大学 GCS研究機構 知覚情報システム研究所 松山 洋一 主任研究員(研究院 准教授)& 鈴木 駿吾 次席研究員(研究院 講師)、そして各種教育機関や研究者とともにVRを活用した英語教育の研究プロジェクトに携わる澤田 和信氏(株式会社イマース・ジャパン)によるパネルディスカッションを行いました。
テーマは、VRやAIなどの最先端技術をどのように小・中学生、高校生の外国語学習に適用できるか、どのような効果が期待できるか、どのような課題があるか。この分野の研究は、大学生を対象としたものが多いことがテーマ設定の背景です。VR/AI技術、会話データ、第二言語習得の理論、外国語教育のあり方、授業での実践、子どもの発達など、さまざまな観点から議論が交わされました。

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.