くらし情報『住まいに「仕事」を取り入れる ヘーベルハウスが提案する 「暮らす」と「働く」の、いい関係』

2020年9月10日 13:00

住まいに「仕事」を取り入れる ヘーベルハウスが提案する 「暮らす」と「働く」の、いい関係

自宅に理想のWORK SPACEを取り込むアイデア

働き方が多様化する今、自宅にワークスペースを設ける人が増えています。ヘーベルハウスでは、自宅で働く人達の「理想のワークスペース」を実現するために、さまざまな技術を採用。駅の防音壁にも使われている建材「ヘーベル」で静かで集中できる空間を作り、在宅勤務で増える光熱費を抑える高断熱仕様や高効率設備を導入するなど、生活に仕事を取り入れる工夫をしています。

生活にどのようにワークスペースを取り入れるかは、人それぞれ。仕事と生活をしっかり分けたい、家族の存在を感じながら働きたいなど、ライフスタイルによって異なります。
ヘーベルハウスでは「働く・仕事する」を、上手に生活に入れた様々な住まいの形をご用意。今回は「Private Style」「Semi-Open Style」「Open Style」の3つのワークスペースのカタチをご紹介します。

目次

・自宅に理想のWORK SPACEを取り込むアイデア
・仕事とプライベートにメリハリを作る「Private Style」
・集中と安らぎのオンとオフの切り替えが自然とできる「Semi-Open Style」
・家族とのつながりを感じながら開放感の中で働く「Open Style」



住まいに「仕事」を取り入れる ヘーベルハウスが提案する 「暮らす」と「働く」の、いい関係

自宅で仕事をする空間はこれからの住まいに欠かせないものになる。

仕事とプライベートにメリハリを作る「Private Style」

書斎など一人でいられる空間を確保すれば、オンライン会議中に子どもの相手などで中断されることなく集中できます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.