くらし情報『大人を信じてなさそうな二人? GLIM SPANKYがデビューまでを語る』

2017年9月14日 12:00

大人を信じてなさそうな二人? GLIM SPANKYがデビューまでを語る

昨年、新人ながら映画『ONE PIECE FILM GOLD』の主題歌に抜擢され、一躍注目の存在となったGLIM SPANKY。誰もが一度は耳にしたことのあるハスキーな女性ボーカルをのせたオーセンティックなロックを奏でる二人は、いまや時代の寵児とも評される。ルーツを前面に打ち出した最新アルバムも完成し、ロックの王道をひた走る彼らの過去・現在・未来に迫るインタビューです。

大人を信じてなさそうな二人? GLIM SPANKYがデビューまでを語る


――結成が2007年だからちょうど10周年なんですね。当時は松尾さんが高1、亀本さんが高2で。

松尾:はい。初めて会ったとき亀はサッカー部だったので、真っ黒に焼けてて髪が長くて腰パンで、うわーと思ってたけど、バンドのことめっちゃ真面目なんですよ。

亀本:
音楽だけじゃなくて全てのことに真面目なんだよ。

松尾:
初めてスタジオに入った日、ちゃんと練習してきたので驚いて。

亀本:
サッカー部だから毎日練習するのが当たり前。もし軽音部のヤツが運動部並みに練習したら、卒業するころにはめちゃくちゃギターがうまくなると思いますよ。

――確かに(笑)。それですぐに地元コンテストで優勝とは、すごい。

松尾:
持ち曲がまだ2曲しかなかったのに、出ちゃいましたね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.