くらし情報『ブランド志向は弱まり…現代女子の「ときめき」の基準とは?』

2018年8月1日 20:00

ブランド志向は弱まり…現代女子の「ときめき」の基準とは?

いつの時代も女性には、胸を高鳴らせる対象が必要です!モノを集めたり、人に夢中になったり、行動にハマったり…。今、ときめくムーブメントはどうなっているのか? 常に注意を払っているウォッチャーの皆さんに聞いた、話題のトピックを紹介します。ときめく対象が多様化し、連鎖していく時代に。
ブランド志向は弱まり…現代女子の「ときめき」の基準とは?


人それぞれキュンとするものが違うのは、今や当然のことに。

「今の時代、情熱を傾ける対象は細分化しており、全員が何かのオタクだといえると思います。一方、アニメや2.5次元などの世界では、歌やコミカライズとリンクしながら広がっていく面も。“これだけが好き”というオタクは、減っているかもしれません」(博報堂DYメディアパートナーズ プロデューサー・渡辺剛さん)

この流れは他の分野でも。

「“このブランドのこれがいい”という風潮は、以前にくらべて薄まっています。種類の多いコスメが売れるのも、その一因でしょう」(『日経トレンディ』副編集長・三谷弘美さん)
ベースにあるのは、応援したい気持ち。
「好きなアイドルやキャラクターなど、ときめいた相手に対してお金を使うことが応援であり、愛の証であると考える人は多いです」(渡辺さん)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.