くらし情報『三代目JSB・山下健二郎の「今」を作った決断とは?』

三代目JSB・山下健二郎の「今」を作った決断とは?

2018年9月21日 22:00
 

「HiGH&LOW」シリーズのスピンオフ最新作『DTC‐湯けむり純情篇‐from HiGH&LOW』は心機一転、心温まる青春ドラマ!佐藤大樹さん、佐藤寛太さんとともに主演の山下健二郎さんに、映画について、そして“一歩踏み出した経験”について伺いました!
三代目JSB・山下健二郎の「今」を作った決断とは?


僕が演じているダンは、関西弁でユーモア溢れる男。悩んでいるやつを見つけたら放っておけない後輩思いの優しい性格です。役作りはしていません。シリーズが始まる時、自分から等身大で演じたいと提案したんです。他の登場人物が全員かっこよかったので、三枚目のお調子者がいたほうがおもしろいんじゃないかなって。たぶん、大樹も寛太も素で演じているはず。そんな3人でスピンオフが撮れると聞いた時はもう、めちゃくちゃ嬉しかったです。
三代目JSB・山下健二郎の「今」を作った決断とは?


勇気を出して一歩踏み出した経験といえば、10年前に上京した時。劇団EXILEのオーディションを受けたことをきっかけに、候補生として東京でレッスンを受けられることになって。でも、デビューできる保証もなければ友達もいない。不安だらけだったけど、とにかく行って勝負するしかないなって。出てきてしばらくはお金もなくて、レッスンとバイト漬けの日々だったけれど、勇気を出してよかった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.