くらし情報『酒浸りからの復活…辛辣なユーモア冴える映画『ドント・ウォーリー』』

2019年5月5日 18:00

酒浸りからの復活…辛辣なユーモア冴える映画『ドント・ウォーリー』

『マイ・プライベート・アイダホ』や『ドラッグストア・カウボーイ』など、長年暮らすオレゴン州ポートランドを舞台にいくつもの物語を紡いできたガス・ヴァン・サント監督。映画『ドント・ウォーリー』の主人公である車椅子の風刺漫画家ジョン・キャラハンが暮らすのもまたポートランドだ。’10年に59歳で他界した彼の過激なユーモアに溢れる漫画は、嫌悪感をむき出しにする人もいる一方で、多くの支持を集め、地元紙に27年間掲載されたほか、サンフランシスコ・クロニクル、ニューヨーク・デイリー・ニュースなど50紙以上で掲載された。
酒浸りからの復活…辛辣なユーモア冴える映画『ドント・ウォーリー』


こう聞くと、車椅子での生活を余儀なくされた人気漫画家の、ポジティブ思考に溢れた人生を想像するかもしれない。しかし、ジョンの人生は壮絶きわまりない。なにしろ、彼が漫画家になったのは、自動車事故で胸から下が麻痺する大怪我を負った後。母親に捨てられたという孤独感から逃れるために、子どもの頃から隠れて酒を飲みつづけてきたジョンは、彼自身が「事故に遭う前から俺の人生は終わっていた」と振り返るほど、アルコールに頼る日々を送っていたのだから。

そんな彼が、いかにして自分の人生を取り戻したか。ガスは、時制を自在に行き来させながら、その過程を解き明かしていく。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.