くらし情報『ボーダーは「アリ」or「ナシ」? オフィスカジュアルの境界線 デキるOLマナー&コーデ術 ♯165』

2019年6月18日 20:10

ボーダーは「アリ」or「ナシ」? オフィスカジュアルの境界線 デキるOLマナー&コーデ術 ♯165

オフィスカジュアルな服装って、どこからがオフィスカジュアルでどこからがカジュアルなのかさっぱりわかりませんよね。会社によって規定に違いがありますし、具体的に『このアイテムがダメ!』という決まり自体あまりない。そうなると失敗するのを恐れてつい無難なトップスに無難なパンツを合わせた無難コーデで終わってしまう……。通勤するだけだから良いと思いつつも、仕事中だってできるだけオシャレを自由に楽しみたいですよね。そこで今回は、オフィスカジュアルのボーダーラインと着こなしのポイントをご紹介します。

イラスト・角侑子

・判断ポイントは「キレイめ感があるかないか」
・光沢感を足すとオフィスカジュアル感が増す
・個性は色の配色と小物で表現
・キレイめなアイテムを意識的に選ぶ

判断ポイントは「キレイめ感があるかないか」

ボーダーは「アリ」or「ナシ」? オフィスカジュアルの境界線 デキるOLマナー&コーデ術 ♯165


【デキるOLマナー&コーデ術】vol. 165

よく言われるオフィスカジュアルの判断基準は、キレイめ感があるかないかです。例えば人気のワイドパンツ。ワイドパンツは、それそのものがNGなのではなくワイドパンツを使ったカジュアルコーデがNGというだけで、キレイめ感さえあればワイドパンツを活用してもOKなのです。

デニムも、いかにもなダメージ感がある場合はNGな企業がほとんどですが、規定が厳しくない会社ではきちんとして見えるブラックやホワイトデニムならOKという会社もあるようですね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.