くらし情報『肉体的には男性の少女がバレエダンサーを目指すLGBTQ映画』

2019年6月27日 21:10

肉体的には男性の少女がバレエダンサーを目指すLGBTQ映画

「シネフィル(映画通)な母親の影響で幼い頃に映画が人に与える影響力を実感。将来は映画を作る人になりたいと夢見るようになりました」

俳優と紹介されても納得する端正な顔でニッコリと微笑むのは、ルーカス・ドン監督。脚本・監督を手がけた『Girl/ガール』が昨年、カンヌ国際映画祭カメラドール(新人監督賞)を受賞。ゴールデン・グローブ賞外国語映画賞候補にも選ばれ、一挙に注目度が上昇している。長編監督デビュー作である本作は、バレエダンサーを夢見るトランスジェンダーの少女ララと、彼女の葛藤に焦点を当てた青春ドラマだ。
肉体的には男性の少女がバレエダンサーを目指すLGBTQ映画


「LGBTQ映画というとセクシュアリティに悩む主人公と外界との軋轢を描く作品が多いけれど、僕は自身を受け入れたララという少女の人間性や葛藤に注目した。彼女を取り巻く人々が最初からララを応援している設定にすることで、なおさら、少女の内面で何が起きているのかが際立ったと思う」

性転換手術前なので肉体的には男性であるララはトゥシューズに苦労し、クラスの女子による残酷ないじめにも遭う。“理想の自分”を目指すララの悩みはある意味、誰もが共感できるものだ。

「女性の摂食障害なども同じで、『私はこうあるべき』と考えると精神的にも肉体的にも自分を傷つけてしまいがち。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.