くらし情報『「綾野剛さんがサプライズをしてくれて…」杉咲花が感動した瞬間とは?』

2019年10月17日 19:30

「綾野剛さんがサプライズをしてくれて…」杉咲花が感動した瞬間とは?

「芸術の秋」で思い浮かべるものといえば、読書や映画鑑賞など。そこでご紹介するオススメの作品は、ベストセラー作家・吉田修一さんの「犯罪小説集」から2篇を組み合わせ、瀬々敬久監督によって映画化されたサスペンス大作『楽園』です。今回は、本作で重要なキャラクターを演じたこちらの方にお話をうかがってきました。

写真・角戸菜摘(杉咲花)

目次

・注目の若手女優・杉咲花さん!
・感覚的に似ている人と共鳴し合いたい
・杉咲さんにとっての楽園とは?
・仕事とプライベートを切り替えることを意識した
・もう媚びるのはやめようと思った
・インタビューを終えてみて……。
・実力派俳優陣の熱演にも揺さぶられる!
・ストーリー
・衝撃の予告編はこちら!
・作品情報


注目の若手女優・杉咲花さん!

「綾野剛さんがサプライズをしてくれて…」杉咲花が感動した瞬間とは?


【映画、ときどき私】 vol. 270

少女時代に経験したあるトラウマを抱えたまま大人に成長した紡(つむぎ)を演じた杉咲さん。映画やドラマなど、話題作への出演が続いている杉咲さんに、本作の現場で学んだことや共演者とのエピソードなどについて語っていただきました。

―まずはオファーを受けたときのお気持ちから教えてください。

杉咲さんこれまでに吉田修一さんの小説が実写化された作品はほとんど観ていたので、素直にすごくうれしかったです。もちろん、テーマは重いので、緊張感はありましたが、それに対する抵抗はありませんでした。むしろ重たい作品のときは、苦しいけれど、それ以上に終わったあとの達成感とかやりがいを感じることができるので、私にとっては喜びでもあります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.