くらし情報『ベージュだけじゃない!…「Tシャツから透けない」下着の特徴』

2020年8月10日 19:20

ベージュだけじゃない!…「Tシャツから透けない」下着の特徴

夏の服装でよくある悩みや不満の1つに挙げられる、Tシャツからブラやインナーが透けて見える問題。せっかく素敵な着こなしもインナーが透けていると、オシャレさも半減してしまうので注意したいものです。もちろんブラに限らず、ブラカップ付きインナーの色選びも大切ですね。そこで今回は下着が透けて見えないインナーの特徴とTシャツの選び方についてご紹介します。

イラスト・角佑宇子

透けにくい色=肌色より暗い色

目次

・透けにくい色=肌色より暗い色
・Tシャツが薄すぎると下着の形が透けるので注意
・インナーの素材やデザインも意識を置いて
ベージュだけじゃない!…「Tシャツから透けない」下着の特徴


まず、Tシャツからインナーが透けて見える原因を知ることが大切。色が透けて見えるのは、色の主張が強いからというよりは、肌の色とインナーの色にコントラストがつきすぎているからです。とくに肌の色よりも明るいトーンのブラ・インナーは思い切り透けるので注意しましょう。

代表的な色は、白・パステルピンク・ライトブルーなどです。黒は肌の色よりも暗い色ではあるのですが逆に白のTシャツとコントラストがつきすぎて、インナーがくっきり浮いてしまいます。そのため白のTシャツを着る場合は黒のインナーも要注意。

いっぽう、透けない色は肌と同化しやすい色です。多くの方がご存知のベージュカラーがそれに当たります。ただし、ベージュも肌の色よりも薄い色のベージュは白の下着同様に透けるのでご自身の肌色に合ったベージュを選んでくださいね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.