くらし情報『YOASOBI・幾田りら、小説を楽曲に?「主人公になったつもりで歌う」』

2020年9月1日 19:00

YOASOBI・幾田りら、小説を楽曲に?「主人公になったつもりで歌う」

今、注目の女の子を紹介する『anan』で連載中の「イットガール」。今回はシンガーソングライターの幾田りらさんです。「諦めるのが嫌い。根性はある!と自負しています。」と語る幾田さんの素顔に迫りました。

歌手になるという夢をひたすら追って生きてきました。
YOASOBI・幾田りら、小説を楽曲に?「主人公になったつもりで歌う」


シンガーソングライターになることを決めたのは小学生の頃。「父が音楽が好きで、ある時、母に曲を贈ったんです。それを聴いて、私も音楽を作り、人に届けたいと思うようになりました。歌手になる夢はもっと小さい時から。今の今まで揺らいだことがないんです」。

“ikura”名義で音楽ユニットYOASOBIのボーカルとしても活躍。「小説を楽曲にするというコンセプトなので、主人公になったつもりで歌います。個人でもYOASOBIでも大きなステージに立つのが目標。日本武道館でライブをやりたい!」

ピアス集めにハマっています。
YOASOBI・幾田りら、小説を楽曲に?「主人公になったつもりで歌う」


去年ピアスの穴を開けたばかり。お気に入りは本物の花を使ったもの!

趣味は読書。今読んでいるのはコレ。
YOASOBI・幾田りら、小説を楽曲に?「主人公になったつもりで歌う」


カツセマサヒコさんの『明け方の若者たち』。小説とエッセイが好きです。

フィルムカメラの質感に惹かれます。
YOASOBI・幾田りら、小説を楽曲に?「主人公になったつもりで歌う」


デジタルより空気感が伝わるから。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.