くらし情報『“のび太”役・妻夫木聡「やっと肩の荷が下りた」 号泣の菅田将暉が言った言葉とは』

2020年11月28日 21:30

“のび太”役・妻夫木聡「やっと肩の荷が下りた」 号泣の菅田将暉が言った言葉とは

日本だけではなく、世界にその名を知られるドラえもんとのび太くん。映画『STAND BY ME ドラえもん 2』で、そんな国民的キャラクターを演じる妻夫木聡さんに、その嬉しさと難しさを聞いてみました。

大人になったのび太の強さと寂しさ、その両方を表現したかった。
“のび太”役・妻夫木聡「やっと肩の荷が下りた」 号泣の菅田将暉が言った言葉とは


妻夫木さんと“大人のび太”の付き合いは意外と長く、最初に演じたのは2011年の、とあるCM。

「僕らの世代…というか、たぶんほとんどの人にとって『ドラえもん』は“当たり前にそこにある存在”ですから、そんな作品の主要キャラへの出演依頼をいただき、すごく嬉しかったです。でも同時に、“のび太はこんなんじゃない”と言われてしまったら、僕も悔しいし、のび太くんにも申し訳ない。なので、すごく身の引き締まる思いで撮影に挑んだのを、今でもよく覚えています」

それを経て、2014年に映画『STAND BY ME ドラえもん』で“大人のび太”の声を演じ、今回その続編となる『STAND BY ME ドラえもん 2』でも、大人になったのび太を演じています。

「ドジで間抜けで、いつも何かをやらかす人なのに、のび太くんという存在はこんなに長い間、人々に愛されている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.