くらし情報『体温が上がれば“免疫力”もUP!? 免疫細胞が働きやすいカラダとは』

2020年12月5日 19:00

体温が上がれば“免疫力”もUP!? 免疫細胞が働きやすいカラダとは

下がってしまった免疫力を高める方法はいろいろあるけれど、まずは体温を上げることを心がけたい。

「病原体と戦う免疫細胞にとって、体温が高めのカラダは有利な戦場になります。体内で免疫力を担っているのは、マクロファージや好中球など免疫細胞と呼ばれる細胞たち。彼らは血流に乗ってカラダ中を巡るので、体温が高くなって血流がよくなると、それだけ早く病原体をやっつけに行けるんです。それに、体温が高いと細胞のエネルギーになるATPという物質をたくさん作れるので、その点でも有利。体温が上がれば、免疫力が上がるんです。でも生活習慣や食生活が乱れたり、薄着ファッションを楽しんだりしていると、低体温になって免疫細胞たちが戦いにくくなってしまいます。少しでも平熱を高くするようにして、免疫細胞の働きやすいカラダを目指しましょう」

氷河期到来!?体温低下でピンチだ!上がれ体温!免疫戦隊「プロテクターズ」。
体温が下がると、なぜ免疫力が下がってしまうのか。そのメカニズムが明らかに。これを読めば、今日から温め生活を始めたくなること間違いなし!

体温が上がれば“免疫力”もUP!? 免疫細胞が働きやすいカラダとは

体温が上がれば“免疫力”もUP!? 免疫細胞が働きやすいカラダとは


あやこいとうクリニック院長・伊藤史子先生形成外科医。分子整合栄養学や予防医療、エイジングケアに精通する。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.