くらし情報『バスケ部エースがゲイだと告白し…小説『#塚森裕太がログアウトしたら』』

2020年12月22日 19:30

バスケ部エースがゲイだと告白し…小説『#塚森裕太がログアウトしたら』

小説『彼女が好きなものはホモであって僕ではない』が『腐女子、うっかりゲイに告る。』の題名でドラマ化され話題となった浅原ナオトさん。新作『#塚森裕太がログアウトしたら』は、高校のバスケ部のエースの塚森裕太がインスタでゲイだと告白、そこから広がる波紋を、さまざまな立場の視点から、同じ時間軸のなかで繰り返し描く青春小説。

学校の人気者が突然カミングアウト。周囲、そして本人の心の揺れの行方。
バスケ部エースがゲイだと告白し…小説『#塚森裕太がログアウトしたら』


「最初の構想として、何か大きな出来事があり、そこから巻き起こる小さな世界の話、というのがありました。カミングアウトって、告白したら終わりではない。そこから後に引く部分を書いてみたかった」

視点人物を担うのは彼の告白を迷惑に思う同じ学校の隠れゲイの生徒、学校の教師、塚森のファンの後輩女子、ゲイに嫌悪感を抱くバスケ部の後輩、そして塚森本人だ。

「隠れゲイの子は、違う立場の当事者として出しました。大人の視点も入れたくて教師を書きましたが、この人は相手の属性にとらわれているタイプ。ファンの後輩は、自分に自信がなくて塚森の存在に依存してきた子。バスケ部の後輩は、今はカミングアウトを受け入れる人が多いけれど、それができず逆にマイノリティとなって疎外感を抱く人物です」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.