くらし情報『話題のホラー映画『黄龍の村』冒頭はほぼアドリブ!? 阪元裕吾監督が明かす』

2021年10月16日 21:10

話題のホラー映画『黄龍の村』冒頭はほぼアドリブ!? 阪元裕吾監督が明かす

ホラー要素あふれる新作『黄龍の村』がいま話題沸騰の阪元裕吾監督。制作の裏側や怖さを感じるもの、心に残っているホラー作品などについて伺いました。

日本にある謎の慣習をぶち壊したかった。
話題のホラー映画『黄龍の村』冒頭はほぼアドリブ!? 阪元裕吾監督が明かす


現在公開中の『ベイビーわるきゅーれ』が口コミで評判になるなど、いま映画界の注目を集める阪元裕吾監督。日常と地続きの世界に、本格アクションでバイオレンスを描く彼が新作『黄龍の村』で選んだジャンルはホラー。若者たちが、妙な村に迷い込んで酷い目に遭うところから、物語はスタートする。

「若者たちがイカれた村に入っていって、イカれた村の慣習に戸惑うんですけど。村に限らず今の日本にも、謎の慣習があるじゃないですか。ハンコ文化とか、ズーム会議では部下が先に退室するのは失礼だとか(笑)。作中には『うちは鍋つかみ禁止やねん』『これ、村の決まりやから』みたいなセリフが出てきますが、外部から見ると“なんじゃこら”と思うようなことも、中にいるとわからなくなることがある。男性教師が下着の色をチェックするというおかしいことも、『校則やから』でまかり通っていたりしますしね。だからこそ、全く別の価値観を持った新参者が、そういうものをぶっ壊すということを、単純にやりたかった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.