くらし情報『「オレオレ詐欺は日本の母親と息子の象徴」注目の女性監督が語る社会の影』

「オレオレ詐欺は日本の母親と息子の象徴」注目の女性監督が語る社会の影

監督昨年、この作品を東京国際映画祭で上映した際、邦画には大人の女性が観たいと思う映画が少ないという声が上がりました。以前から男性監督が描く女性が“刺身のつま”のように感じることがあったので、私はしっかりとリアルに描きたいという思いを持って映画を作っています。年を重ねた女性がセクシーでいることをバッシングするような社会って何だろうと思いますし、女性も妻や母になったからといって女であることを捨てる必要はないはずです。大人の女性が持つ女としての魅力や母性の持つ怖さなど、女性にはいろいろな顔があることをこれからも描いていけたらいいなと。大それたことを言うようですが、そういう意味で邦画を変えていけるような映画をもっと作っていきたいです。

親密な空間へと引きずり込まれていく!

「オレオレ詐欺は日本の母親と息子の象徴」注目の女性監督が語る社会の影


母親の内に秘めた愛情と狂気に鋭く迫り、女性の持つ多面性を見事に描いた本作。独自の視点から現代社会を見つめ続けてきた中村監督だからこそ生み出された大人の女性による、大人の女性のための必見作です。


取材、文・志村昌美

胸がざわつく予告編はこちら!

作品情報

『親密な他人』
ユーロスペースにて公開中ほか全国順次公開
劇場情報はこちら

『親密な他人』トークイベント スケジュール
3月24日(木)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.