くらし情報『2023年をもって解散 BiSH「まだまだ残っている時間を一緒に楽しんで走り切りたい」』

2022年6月20日 18:10

2023年をもって解散 BiSH「まだまだ残っている時間を一緒に楽しんで走り切りたい」

「楽器を持たないパンクバンド」として活動する6人組のBiSH。セントチヒロ・チッチさん、アイナ・ジ・エンドさん、モモコグミカンパニーさん、リンリンさん、ハシヤスメ・アツコさん、アユニ・Dさんにインタビュー。

「一発目のライブからパワーを感じた」(アイナ)

――BiSHの歴史を語る上で欠かせないものといえば何ですか?

目次

・「一発目のライブからパワーを感じた」(アイナ)
・「映画は下ネタに振り切ってます(笑)」(モモコ)
・「『また会おうね』って約束したい」(リンリン)


2023年をもって解散 BiSH「まだまだ残っている時間を一緒に楽しんで走り切りたい」


アイナ・ジ・エンド:そもそもBiSHが初めてライブ・パフォーマンスをしたのが2015年の「いいにおいのするいきのいいやつらTOKYO」というイベントだったんですけど。そこでシークレットゲストとしてステージに出ていった時に、告知もしていないのに、お客さんたちが大騒ぎして盛り上がってくれて。それまでの私は音楽がやりたくて上京して、いろんな人のバックダンサーをしたりソロでライブをしたりしていて。どんなに頑張っても50人くらいしかお客さんを集められなかったんですけど、BiSHは一発目のライブからたくさんのお客さんが見てくれて。その光景がすごく嬉しかったですね。BiSから受け継がれたBiSHとしてのパワーを感じた始まりでした。

2023年をもって解散 BiSH「まだまだ残っている時間を一緒に楽しんで走り切りたい」


セントチヒロ・チッチ:結成以来、毎年夏にZepp Tokyoで開催しているフリーライブ、「TOKYO BiSH SHiNE(TBS)」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.