くらし情報『宮本茉由「櫻井翔さんは一体いつ、あの膨大な台詞を覚えていらっしゃるのか…」』

宮本茉由「櫻井翔さんは一体いつ、あの膨大な台詞を覚えていらっしゃるのか…」

鬼の仮面をつけた武装集団と警察&病院関係者のバトルが話題のドラマ『大病院占拠』。宮本茉由さんは、情報分析官・駿河紗季を演じている。
宮本茉由「櫻井翔さんは一体いつ、あの膨大な台詞を覚えていらっしゃるのか…」


「一聞かれたら、一瞬にして千の情報を調べる。そんな速さでリサーチできる駿河さんは、冷静沈着で仕事のデキるキャラクター。なので、指令本部で情報を伝える時は、台詞に抑揚をつけず、なるべく感情を出さないように気をつけています。それと、姿勢はとても意識していますね。『よーい!』と声が掛かったら、一回肩を回して、胸をできるだけ開くようにしているんです。そうしたビジュアルからも、キャラクターが伝わったら嬉しいです。
駿河さんには、仕事オタクな一面もあって、『事件キターーーッ!!』じゃないですが、メガネの奥の瞳がキラッと光るみたいなところを出せたら面白いかなと。彼女なりの楽しさや面白さを感じているからこそ、仕事に燃えられるはず。その上で、ハッカーではなく警察の分析官という仕事を選んだということは、きちんと正義感も持ち合わせていると思います」

捜査や交渉の要である刑事・武蔵三郎を演じるのは、櫻井翔さん。

「武蔵さんは難しい台詞が多いですし、鬼との掛け合いが10ページくらい続くシーンもあるんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.