くらし情報『「傷はどんな感じ?」術後のおなかの様子を初めて目にするときが!<卵巣嚢腫手術>』

「傷はどんな感じ?」術後のおなかの様子を初めて目にするときが!<卵巣嚢腫手術>

「傷はどんな感じ?」術後のおなかの様子を初めて目にするときが!<卵巣嚢腫手術>


レイラさんに卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)が見つかったのは、2021年のこと。会社の健康診断で婦人科検診を受けた際でした。その後、無事に摘出手術を終え、術後3日目。退院前の診察も特に問題はなく、状態は良好なようでした。

ついにスッキリできる!

術後の診察のあとは、レイラさんが待ち望んでいたシャワータイム。
ここで初めて術後のおなかの様子を見ることとなり……?

「傷はどんな感じ?」術後のおなかの様子を初めて目にするときが! #卵巣嚢腫手術 21


「傷はどんな感じ?」術後のおなかの様子を初めて目にするときが! #卵巣嚢腫手術 21


「傷はどんな感じ?」術後のおなかの様子を初めて目にするときが! #卵巣嚢腫手術 21


この日、初めて術後のおなかを見ることとなったレイラさん。腹腔鏡手術は、腹部に小さな穴を数カ所開けておこなう手術。開腹手術と異なり、そこまで傷にビックリするということはないのかもしれませんが、いざ見てみるという状況になると、自分の体だけにちょっと緊張してしまいそうですね。シャワーでスッキリしたあとは、体力を戻すべく散歩に励んだそうですよ。

とはいえ、廊下を歩くか病室で過ごすかがほとんど。レイラさんの場合は、コロナ禍の入院でお見舞いには誰もこれなかったこともあり、より「暇だな」と感じたよう。日々、仕事や家事、育児など忙しい毎日を送っていると、病院で過ごす時間はよりゆったりに感じそうですよね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.