くらし情報『「しんどい…」術後の「一番つらい」時間って?<卵巣嚢腫手術レポ>』

「しんどい…」術後の「一番つらい」時間って?<卵巣嚢腫手術レポ>

「しんどい…」術後の「一番つらい」時間って?<卵巣嚢腫手術レポ>


現在、2児のお子さんを育てるすぶたろうさん。独身だった24歳のころ、5cmと8cmの卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)が見つかり、手術を受けることとなりました。大きな病院に移り、迎えた手術当日。麻酔の影響で一瞬で眠りにつき、少しずつ意識が戻ってくると……?

目を覚ましたとき、どんな状態だったかというと…


「しんどい…」術後の「一番つらい」時間って? #卵巣嚢腫手術レポ 3


「しんどい…」術後の「一番つらい」時間って? #卵巣嚢腫手術レポ 3


「しんどい…」術後の「一番つらい」時間って? #卵巣嚢腫手術レポ 3


「しんどい…」術後の「一番つらい」時間って? #卵巣嚢腫手術レポ 3


「しんどい…」術後の「一番つらい」時間って? #卵巣嚢腫手術レポ 3


無事、腹腔鏡手術を終えたすぶたろうさん。病室へ移り、次第に意識も戻ってきました。すぶたろうさんにとって、この術後すぐの時間が精神的にも一番つらかったとのこと。

痛みもありますし、息苦しく、たくさんの管につながれ、体は自由に動かせない状態。また、全身麻酔後は、舌根沈下を防ぐため枕が使用できなかったり、誤嚥を防ぐために飲水はできなかったりと、術後は制限も多くあります。これまでムーンカレンダーで紹介してきた全身麻酔での腹腔鏡手術をおこなった方々も、「この術後の時間がつらかった」と言われる方が多い印象です。思うように動けないため時間も長く感じますし、回復のためと思いじっくり耐える時間なのかもしれません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.