くらし情報『「ドクンッ」果たして何秒耐えられるのか…全身麻酔との勝負の行方は?<子宮全摘記録>』

2023年11月28日 21:00

「ドクンッ」果たして何秒耐えられるのか…全身麻酔との勝負の行方は?<子宮全摘記録>

「ドクンッ」果たして何秒耐えられるのか…全身麻酔との勝負の行方は?<子宮全摘記録>


2017年8月ごろからめまいに、2022年の冬ごろには貧血に悩まされることになったカンノさん。大学病院でMRI検査を受けたところ、多発性粘膜下筋腫(複数の腫瘍があり特に出血しやすいタイプの子宮筋腫)と診断されてしまいます。そして、2023年4月に子宮全摘手術を受けることになり、ついに手術当日を迎えたのですが……。本作は5年弱の長きに渡る、著者・舘乃夕華(かんのゆうか)さんの闘病記録を描いた作品です。

※子宮筋腫とは…良性の腫瘍であり、発生場所は子宮の内側(粘膜下筋腫)、子宮の筋肉の中(筋層内筋腫)、子宮の外側(漿膜下筋腫)とさまざまです。1つだけでなく複数できることも。主な症状は過多月経、生理痛、腰痛、頻尿、貧血など。超音波検査やMRIで診断可能で、治療法には薬物療法や手術療法があります。


全身麻酔とのバトル

いよいよ手術当日を迎えたカンノさん。実はカンノさんは以前に別の手術で全身麻酔をした経験があり、そのときは5カウントまで意識を失わずにいられたそう。好奇心旺盛で何事も楽しんでなんぼと考える性格のカンノさんは「今回は何秒耐えられるかな」とワクワクしながら、いざオペ室に足を踏み入れたのですが……。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.