くらし情報『74歳・大林宣彦監督、手術を乗り越えての久々の新作完成に感慨!』

2012年2月24日 19:11

74歳・大林宣彦監督、手術を乗り越えての久々の新作完成に感慨!

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)

74歳・大林宣彦監督の最新作『この空の花 ―長岡花火物語』の完成披露試写会が2月24日(金)に都内で開催され、大林監督を始め、主演の松雪泰子に高嶋政宏、原田夏希、猪股南、富司純子、脚本の長谷川孝治、森民夫長岡市長が舞台挨拶を行なった。

2011年の夏、新潟県長岡市を訪れた地方紙記者・玲子(松雪さん)の現地の人々との交流や不思議な体験を通じて、復興への願いや平和への祈りを描き出す。

大きな拍手に迎えられた大林監督は「お待たせしました」と観客に挨拶。戦時中の長岡空襲の犠牲者の慰霊のために毎年行われてきた花火を題材にした本作だが、「(敗戦から)67年が経って知らないことが多すぎると思います。知らないままに平和になってるから、どこかその平和も頼りない。僕も長岡でいろんなことを学びました。本当の復興とは何か?この映画から感じてほしい」と映画に込めた思いを熱く語った。2009年より監督はたびたび体調を崩しており、2010年にはペースメーカーを入れるための手術も経験した。「それはとても良い経験で、あちらにいる命もこちらにいる命も同じ命だと感じた。命と命が手を取り合って未来を手繰り寄せることができれば」

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.