くらし情報『土屋アンナ&木村多江ら“働くママ”も共感! 『おやすみなさいを言いたくて』』

2014年11月21日 20:30

土屋アンナ&木村多江ら“働くママ”も共感! 『おやすみなさいを言いたくて』

思春期を迎えた娘との葛藤も、私の母と私たち姉妹の経て来たときと重なります。何が大切なものであるかを問われている気がします。命の尊さを改めて考えさせられる作品です。

◆千秋さん(タレント/デザイナー)
世界情勢と母娘の愛。使命ある仕事か家族かどちらを選択するのか。誰でもぶち当たるママならではの苦悩。泣きました。

◆富司純子(女優)
報道写真家としての顔と夫とふたりの子どもへの愛に悩む顔。ビノシュの表情、演技力、最高にかっこいい!!

◆加藤登紀子(歌手)
観終わってしばらく、嗚咽が止まりませんでした。 怖ろしい世界の現実に命を懸けて向き合う報道写真家であることと、ひとりの女として生きる幸せの狭間。彼女の苦しみは、仕事を持つ女の深い痛みに真っ直ぐ伝わってきます。

◆木村多江(女優)
私の使命は?居場所は?突きつけられたようで胸が苦しい。仕事と家族のはざまで、私もゆれた。

◆坂井真紀(女優)
私は、母親が正しい愛で子育てをすれば、それが世界平和へつながっていくと信じています。

『おやすみなさいを言いたくて』は12月13日(土)より角川シネマ有楽町ほか全国にて公開。

(text:cinemacafe.net)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.