くらし情報『イケメン・中川大志、ホラー『青鬼』撮影中、一人でトイレ行けず!』

2015年7月4日 16:02

イケメン・中川大志、ホラー『青鬼』撮影中、一人でトイレ行けず!

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)


映画『青鬼 ver.2.0』が7月4日(土)に公開を迎え主演でイケメン俳優として注目の中川大志平愛梨の妹で、姉を上回る天然キャラとダジャレで話題の平祐奈をはじめ、松島庄汰、久松郁実、勧修寺玲旺、タモト清嵐前川英章監督が舞台挨拶に登壇した。

ニコニコ動画で火がついた人気のホラーゲームを原作に、“ジェイルハウス”と呼ばれる屋敷で恐ろしい青鬼に主人公たちが追われる恐怖を描き出す。

登壇陣は全員、“青鬼”にちなんで青系の浴衣姿で登場し会場は歓声に包まれる。平さんは、冒頭の挨拶で「青鬼の恐怖が今日、降ってきます!」といきなりのジャブで会場をわかせ、その後も「みんなで浴衣を着れてよかったぁ!」「青鬼を見てブルーブルー震えてください!」と連発する。そんな平さんだが、自身はホラー映画が苦手なようで、完成した映画のDVDを渡されるも一人では見られず「家で、母とお姉ちゃん(=平愛梨)に挟んでもらって見た」とのことだが「始まった瞬間に2人とも寝ちゃった!」と苦笑交じりに明かし、会場は笑いに包まれた。

久松さんは、そんな平さんに「現場では松島さんとタモトさんがメロメロですごかった(笑)」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.