くらし情報『『ジュラシック・ワールド』愛にあふれたオマージュの数々』

2015年9月16日 20:00

『ジュラシック・ワールド』愛にあふれたオマージュの数々

は、ラプトルの軍事利用に関してオーウェン(クリス・プラット)と言い争っている時に、「(私たちが甦らせた)恐竜に生存権などない」と言い切るが、2作目の“悪役“であるハモンドの甥ピーター・ルドロー(アーリス・ハワード)も、全く同じ主旨の発言をしている。

■恐竜は全てメス、そして物語のカギを握るのも…
⇒オーウェンが訓練しているヴェロキラプトルは4姉妹で、同僚のバリー(オマール・シー)も「女の子だ」と断言しているほか、インドミナスを筆頭に全ての恐竜が、劇中ずっと「Her(彼女)」と呼ばれている。これはおそらく、1作目でヘンリー・ウー博士が話していたように「パークの恐竜は(繁殖抑制のために)全てメスである」という設定を、忠実に引き継いでいるため。恐竜がメスという設定は原作通りだが、人間側のキャラクターも、1~4作目まですべてで、土壇場で肝の据わった活躍を見せるのは大抵「女性(女の子)」。「強い女性」はシリーズを通しての裏テーマの一つなのかも。

■“女王”ティラノの“古傷”
⇒劇中には明言こそないが、本作のティラノサウルスは1作目と同一個体であるという設定がある。その証拠に、1作目のラストでラプトルによってつけられた「首から肩辺りの古傷の痕」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.