くらし情報『クリス・パイン主演、不可能な救出劇を描く奇跡の実話『ザ・ブリザード』』

2015年11月5日 12:00

クリス・パイン主演、不可能な救出劇を描く奇跡の実話『ザ・ブリザード』

と語られるには、4つの大きな理由があった。まず、鋼鉄製の巨大タンカーをも簡単に真っ二つにするブリザードの中、向かった小型救助艇は木製。強度、大きさ共に耐えられるはずがない。また、この過酷な状況の中で小型救助艇のコンパスは壊れ、真冬の夜の大西洋沖でタンカーを発見するどころか、帰路を見つけることすら難しい。さらに、真っ二つになった巨大タンカーが沈むまで残された猶予はおよそ3時間。風速40mの雨と雪交じりの強風、最大20mを超える高波の中で、浮かせ続ける方法は見つかるのか。しかも、タンカーの生存者は32人、救助に出たコーストガードは4人。だが、小型救助艇の定員は12人しかない…。

この奇跡の実話で脚本を手がけるのは、『8Mile』でアカデミー賞にノミネートされたスコット・シルヴァーとアカデミー賞2部門を受賞した『ザ・ファイター』のエリック・ジョンソンとポール・タマシー。監督は、『ラースと、その彼女』で注目され、インド人初のメジャーリーガー誕生の実話を描いた『ミリオンダラー・アーム』で、その手腕を発揮したクレイグ・ギレスピーが担当する。デジタル3DとIMAXでも上映される本作は、壮大なスケールと臨場感あふれる映像で、奇跡の海難救助に没入する体験となりそうだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.