くらし情報『松雪泰子、“究極の自己犠牲”に共感…連続ドラマW「5人のジュンコ」』

2015年11月13日 19:32

松雪泰子、“究極の自己犠牲”に共感…連続ドラマW「5人のジュンコ」

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)


人間の暗部をえぐり出す作風で定評がある作家・真梨幸子の小説を、松雪泰子ミムラ西田尚美麻生祐未小池栄子ら豪華キャストを迎えドラマ化する「5人のジュンコ」。この度、主演の松雪さんのコメントと共に本作の場面写真が解禁となった。

5人の男が殺害されたとされる連続不審死事件は、世間を沸かせた。ジャーナリストの田辺絢子(松雪さん)は、事件の真相を探るため容疑者 佐竹純子小池栄子)について取材を開始する。田辺は佐竹の中学時代の同級生から篠田淳子ミムラ)という女性が親友だったという情報を入手し会社を訪ねる。そんな中、テレビ番組で田辺を見た昔の職場の同僚で、専業主婦の福留順子西田尚美)が田辺を訪ねてきた。田辺は取材協力の情報提供かと思ったが、福留の口から出てくるのは社宅のヒエラルキーへの悩みと雑談ばかり。だがある時、佐竹の事件に関わる被害者のひとりではないかと思われる人物が浮上してくる。その人物はすでに亡くなっている守川諄子麻生祐未)という女の息子だった…。

原作は、人間の暗部をえぐり出す作風で定評がある作家・真梨さんの同名小説で、今回が真梨作品初のテレビドラマ化となる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.