くらし情報『ユースケ・サンタマリア、“ボクサー”菅田将暉×ヤン・イクチュンの師匠に!「可愛くてしょうがない」』

2016年9月27日 13:45

ユースケ・サンタマリア、“ボクサー”菅田将暉×ヤン・イクチュンの師匠に!「可愛くてしょうがない」

Photo by cinemacafe.net

1960年代後半、日本のアングラ文化を創造した“サブカルチャーの先駆者”、故・寺山修司。彼が1966年に遺した唯一の長編小説を、若手演技派・菅田将暉と韓国映画『息もできない』の鬼才ヤン・イクチュンのW主演で描く『あゝ、荒野』に、木村多江、山田裕貴、ユースケ・サンタマリアら、総勢8名の豪華な追加キャストが解禁となった。

2011年には演出・蜷川幸雄、「嵐」の松本潤×小出恵介主演で舞台化もされた寺山修司の傑作小説を、『二重生活』で高い評価を得た岸善幸監督が満を持して映画化に挑む本作。映画の舞台は、現代の新宿。少年院あがりの新次(菅田将暉)と、吃音と赤面対人恐怖症に悩む“バリカン”(ヤン・イクチュン)は、ボクシングジムで運命の出会いを果たす。社会に見捨てられ、もがきながらもボクサーとしての道を進んでいく2人の奇妙な友情と愛、そして絶望的なまでの切なさの果てに、何があるのか――。

今回発表される追加キャストは、いずれも個性派・実力派ばかり。新次とバリカンに影響を与えるヒロイン・芳子には、オーディションから抜擢された演劇界で注目を集める新世代の風雲児、木下あかり。また、新次の宿命のライバル・裕二には、『青空エール』や『闇金ウシジマくん part3』が公開中の山田裕貴、新次の母親・京子には、朝ドラ「とと姉ちゃん」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.