くらし情報『ブルネイ初の女性監督が放つ“シラット”と初恋!『ドラゴン・ガール』上映会開催』

2017年3月26日 15:00

ブルネイ初の女性監督が放つ“シラット”と初恋!『ドラゴン・ガール』上映会開催

Photo by cinemacafe.net

ASEAN(東南アジア諸国連合)加盟国の1つ、ブルネイで初の女性監督シティ・カマルディンを日本に招き、3月31日(金)、監督作品の青春ラブ&アクション『ドラゴン・ガール』無料上映会、およびトークショーが開催されることになった。

厳格な父に男手ひとつで育てられた自由奔放な女子高生ヤスミン。ある日、初恋の相手アディがシラット(東南アジア発祥の伝統武術)国際大会で優勝し、町に帰ってくる。しかし、私立高校シラット部の女子チャンピオンであるデヴィが、アディに急接近していく。アディを振り向かせたいヤスミンは、公立高校の弱小シラット部に入部、3週間後のシラット大会にエントリーを果たす。部員3人、コーチも頼りない状況の中、はたしてヤスミンは大会でライバルを倒し、憧れの彼を振り向かせることはできるのか――。

シティ・カマルディン監督は、イスラム教国のブルネイで初の女性映画監督。上映作『ドラゴン・ガール』は、2014年に制作されたブルネイ初の国際的な長編映画で、数多くの映画祭のコンペに参加し、スイスの「ヌシャテル国際ファンタスティック映画祭」で最優秀アジア映画賞を受賞するなど、高い評価を得ている。日本では「第10回大阪アジアン映画祭」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.