くらし情報『「Gap」が‘違い’のギャップに橋を架ける映像作品「Bridging the Gap」をローンチ!』

2017年6月19日 15:00

「Gap」が‘違い’のギャップに橋を架ける映像作品「Bridging the Gap」をローンチ!

Photo by cinemacafe.net

アメリカンカジュアルスタイルブランド「Gap」は、ファッション業界で最も人気があるスタイリストの一人であるエドワード・エニンフルが監督、キャスティング、スタイリングを手がける映像作品「Bridging the Gap(ブリッジング ザ ギャップ)」を6月9日にローンチした。

本映像作品では、エニンフルと「Gap」に共通する価値観、アメリカンオプティミズムが体現され、エニンフルは、これまでの彼のキャリアで出会った人々の中から、彼自身がその生き方や考え方に共感し、支持する多種多様なセレブリティたちを現代のアメリカンカルチャーを体現するアイコンとして選んでいる。

選ばれたキャストの中には、プリヤンカー・チョープラー(女優)、ウィズ・カリファ(ラッパー)、クリスティ・ブリンクリー(モデル、女優)カシル・マッカーサー(モデル)などがいる。映像の中で出演キャストらは、「Gap」のアイコンであるホワイトTを着用し、様々な人との“Bridging the Gap”のメッセージをホワイトTに込めている。

「私は『Gap』が大切にしているオプティミスティックなアメリカンスタイルや、いつでも自分らしくいられる『Gap』のベーシックなTシャツが持つシンプルさが大好きです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.