くらし情報『“セクハラ”問題の米大物プロデューサー…解雇&被害公表拡大でハリウッドの反応は?』

2017年10月11日 19:07

“セクハラ”問題の米大物プロデューサー…解雇&被害公表拡大でハリウッドの反応は?

を解雇された。

■続々と被害公表…オスカー女優たちも告白

解雇後も非難は収まるどころか、ついにグウィネス・パルトロウアンジェリーナ・ジョリーといったオスカー女優たちも被害を受けていたことを告白した。

グウィネスは22歳のとき、ワインスタインが製作した『Emma エマ』(96)の主演に抜擢されたが、撮影前にペニンシュラ・ビヴァリーヒルズ・ホテルのスイートルームでの打ち合わせを持ちかけられた。新人女優だった彼女は言われるままに部屋へ行くと、ワインスタインは彼女の体に手を置き、ベッドルームでのマッサージを促したという。グウィネスはこれを拒絶し、当時交際していたブラッド・ピットに打ち明け、ブラッドはワインスタインと対決したが、直後にグウィネスはワインスタインから、このことは誰にも話すなと警告されたという。「彼に解雇されると思った」とグウィネスは「ニューヨーク・タイムズ」紙に語った。

グウィネス・パルトロウ&ハーヴェイ・ワインスタイン-(C)Getty Images
アンジェリーナも同紙に「若い頃、ハーヴェイ・ワインスタインとの間に嫌なことがあった。だから、彼とは絶対に仕事をしないと決めたし、彼と仕事をする人たちには警告した」とメールで応えた。ミラマックス製作の『マイ・ハート、マイ・ラブ』(99)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.