くらし情報『内田有紀、加賀まりこの「私はお母さん」発言に感涙…「あさイチ」』

内田有紀、加賀まりこの「私はお母さん」発言に感涙…「あさイチ」

2018年2月16日 11:30
 

関連リンク

・井上真央、焼き肉1年間食べ放題をおねだり “お姉さん”ぶりも発揮<焼肉ドラゴン>
・土田晃之、本田圭佑の「ケイスケホンダ」発言に驚かない理由とは
・オバマ元大統領がNetflixと契約!夫婦で映画&ドラマをプロデュースへ
Photo by cinemacafe.net

NHKアナウンサーの有働由美子と「V6」の井ノ原快彦の2人が司会を務める朝の情報番組「あさイチ」に、大河ドラマ「西郷どん」への出演、そしてスペシャルドラマ「荒神(こうじん)」では主演を務める女優の内田有紀が出演した。

番組では2月17日(土)にBSプレミアムでオンエアされるスペシャルドラマ「荒神(こうじん)」の撮影の裏側を垣間見られるメイキング映像が流された。

同作は関ヶ原の戦いから100年後の太平の世に突然怪物が出現、村人を殺し村を焼き尽くす怪物と人間たちの死闘を最新のVFXを駆使して描くエンターテインメント時代劇。

内田さんは怪物のサイズ感がわかるように緑の棒を持った助監督を相手に演技する俳優陣の姿などが映し出されたメイキング映像を見ながら「怪物のイメージは役者の想像力に任されているので、出来上がりを見て“(怪物が)こんなに大きいの?”と思ったり」と撮影を振り返り、「時代劇に怪物がいることを落とし込むのが大変で、お手本があまりなく、監督や時代考証の人に詳しく聞いて頑張った」とその苦労を語った。

これに対し「メイキング映像流れてるけどめちゃくちゃ面白い。CGにせずこのまま流してほしいわ…シュールの極み」「裏側の話がたのしすぎる」「本編よりメイキングが面白いんじゃないか。」など、普段見られないメイキング映像に興奮気味の視聴者からの熱いツイートが続々寄せられる。

また内田さんは大河ドラマ「西郷どん」に祇園の芸妓・おゆう役として出演が決定。藩士たちが行きかう茶屋で大久保一蔵(利通)と出会い恋に落ち、戊辰戦争の大きな切り札となった「錦の御旗」を縫うことになるという役どころで「いろんな役を演じることで人生が豊かになるから頑張りたい」と、撮影への意欲をコメント。

続けて内田さんと25年にわたり交流があるという女優の加賀まりこがVTR出演。「今、いい仕事をしている彼女を見ると、とても嬉しい」と話す加賀さんが、内田さんと自らの関係性を「まあ、お母さんよね」と表現すると、映像を見ていた内田さんは「大先輩で大女優だが同じ目線で励まして寄り添ってくれる、肉親のような方」と目に涙を浮かべ感激。

これには「涙と一語一語丁寧な話し方、純粋さが感じられ好感」「今日のあさイチを見て内田有紀さんのファンになりました」と、内田さんの人柄に共感したというコメントが続々SNS上に投稿されていた。(笠緒)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.