くらし情報『生田斗真、「いだてん」クランクイン! 役所広司と「気持ちいいスタートが切れた」』

生田斗真、「いだてん」クランクイン! 役所広司と「気持ちいいスタートが切れた」

2018年5月24日 16:24
 

Photo by cinemacafe.net

2019年放送の大河ドラマ「いだてん ~東京オリムピック噺~」に出演する俳優・生田斗真が、5月15日(火)に三重県桑名市にてクランクインを迎え、役所広司らと共演したことが分かった。

大河ドラマ第58作目となる本作は、宮藤官九郎オリジナル脚本で“知られざるオリンピックの歴史”を描いていく痛快&壮大なドラマ。中村勘九郎阿部サダヲの2人がリレー形式で主演を務めるほか、綾瀬はるか大竹しのぶ生田斗真役所広司竹野内豊杉本哲太杉咲花永山絢斗、さらにビートたけし森山未來神木隆之介川栄李奈ら錚々たるキャストが集結。

この度、クランクインしたばかりの生田さんが演じるのは、勘九郎さん扮する金栗四三とともに日本最初のオリンピック選手に選ばれる彼の盟友・三島弥彦役。そして役所さんは、金栗の進学した東京高等師範学校の校長で金栗の恩師となる嘉納治五郎役だ。

■クランクイン初日は生田&役所が出会うシーン

今回は第1回で放送予定となる、嘉納と三島が初めて出会うシーンを撮影。三島家の要人を招いたパーティーに出席した嘉納は、大隈重信平泉成)や銀行家の三島弥太郎小澤征悦)にオリンピックの意義について熱く語る。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.