くらし情報『山下智久、10年前の“葛藤”明かす「芸能の仕事って何なんだろう」』

2018年7月12日 08:15

山下智久、10年前の“葛藤”明かす「芸能の仕事って何なんだろう」

Photo by cinemacafe.net

山下智久が7月11日(水)、東京国際フォーラムで開催された主演作『劇場版 コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』の完成披露試写会に出席し、同シリーズと出会った10年前を回想。当時「芸能の仕事って何なんだろうと葛藤があった」と明かした。

■上映後のサプライズに、ファン4000人大興奮!

この日は、本編上映後、サプライズでの舞台挨拶を実施。エンドロールが終わり、場内が明るくなる代わりに、ステージ上に山下さんをはじめ、新垣結衣白石恵役)、比嘉愛未冴島はるか役)、浅利陽介藤川一男役)、有岡大貴(名取颯馬役)、成田凌灰谷俊平役)、新木優子横峯あかり役)、馬場ふみか雪村双葉役)、安藤政信新海広紀役)、西浦正記監督が勢ぞろいした様子に、ファン4000人は大興奮!

さらにスタンディング・オベーションが巻き起こり、サプライズを仕掛けた側の山下さんが「本当に感無量ですね。僕ら一同、感謝の気持ちで胸がいっぱいですね」と感極まっていた。

■山下さんを変えた「コード・ブルー」との出会い!

感無量の面持ちになった山下さんは、「コード・ブルー」シリーズで主人公・藍沢耕作を演じ始めた23歳当時について、「自分の中で『芸能の仕事って何なんだろう』と葛藤があった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.