くらし情報『有村架純と岡田健史の“神再会”に「正座して見た」視聴者まで…「中学聖日記」第7話』

2018年11月21日 00:28

有村架純と岡田健史の“神再会”に「正座して見た」視聴者まで…「中学聖日記」第7話

Photo by cinemacafe.net

有村架純主演で教師と生徒の“禁断の恋”を描く「中学聖日記」の第7話が11月20日放送。有村さん演じる聖と岡田健史演じる晶のまさかの“神再会”にネットが沸き上がると共に、各登場人物たちへ共感の声が続々と寄せられている。

3年前に赴任した中学で生徒と恋に落ち、その後別の小学校で教師を続ける末永聖を有村さんが演じ主演。3年前に聖に恋し、高3となった今の心の奥で想い続けている黒岩晶岡田健史、聖の元婚約者だが現在は別れている商社マンの川合勝太郎町田啓太、勝太郎の上司・原口律吉田羊、晶のことが好きで付き合うことになった岩崎るな小野莉奈、聖を恨み続ける晶の母親・愛子に夏川結衣、聖の現在の勤務先の同僚教師・野上一樹渡辺大といったキャスト。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
小学校教師として再出発していた聖。同僚の野上は過去を知った上で聖を受け入れると宣言。聖の心は揺らいでいた。その頃愛子は聖が教師を続けていることを知り、それはるなたちにも伝わる。同級生から聖の現在の勤務先を聞いた晶は、るなとのデート中にも関わらず聖の元へ向かい、そこで勝太郎と出くわす。勝太郎は聖の夫を装って晶を追い返すのだった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.