くらし情報『田中圭に視聴者から“反感”の声、新垣結衣の今後にも注目が集まる「獣になれない私たち」7話』

2018年11月22日 06:45

田中圭に視聴者から“反感”の声、新垣結衣の今後にも注目が集まる「獣になれない私たち」7話

Photo by cinemacafe.net

新垣結衣松田龍平がW主演して田中圭黒木華菊地凛子ら豪華キャストも共演する「獣になれない私たち」。その第7話が11月21日に放送され、新垣さん演じる晶の“変化”に様々な反応が寄せられている。

会社ではパワハラ上司とできない部下の間にはさまれ苦悩、彼氏には縁が切れない元カノの存在…仕事も恋も悩みだらけの深海晶を新垣さんが演じ、毒舌だが世渡り上手、でもその裏では不正に加担している会計士・根元恒星を松田さんが演じW主演。晶の恋人の京谷に田中さん、京谷の自宅に“引きこもる”京谷の元カノ・朱里に黒木さん、恒星の元恋人・橘呉羽に菊地さん。晶の“ポンコツ”な部下・上野発に犬飼貴丈、仕事をしない同僚の松任谷には伊藤沙莉といったキャストが共演。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
恒星が大量の現金を所持しているのを目撃しとまどう晶に、恒星は「この金で粉飾決算に加担するように脅迫されていて、やむを得ない事情で抜け出せない」と話すもその後これは映画の話だとごまかす。

一方、寝たきり状態だった京谷の父の容態が悪化、京谷の母・千春(田中美佐子)は実家で看病を続けたいが、息子たちは病院に入れようとしていた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.