くらし情報『宮野真守が主人公! 「人間失格」をSF作品へ大胆リメイク『HUMAN LOST 人間失格』』

2019年3月23日 10:00

宮野真守が主人公! 「人間失格」をSF作品へ大胆リメイク『HUMAN LOST 人間失格』

Photo by cinemacafe.net

日本文学の傑作である太宰治の「人間失格」をダイナミックにリメイクしたアニメーション映画『HUMAN LOST 人間失格』が、今年全世界で公開されることが決定。主人公を人気声優の宮野真守が務めることも明らかになり、ティーザービジュアルとティーザーPVも到着した。

■ストーリー

医療革命により、“死”を克服した昭和111年の東京。人々は体内の“ナノマシン”とそれらを“ネットワーク”により管理する“S.H.E.L.L.”体制の支配により、病にかからず、傷の手当を必要とせず、120歳の寿命を保証する無病長寿を約束された。しかしその究極的な社会システムは、国家に様々な歪を産み出す。埋まることのない経済格差、死ねないことによる退廃的倫理観、重度の環境汚染、そして、S.H.E.L.L.ネットワークから外れ異形化する“ヒューマンロスト現象”…。日本は、文明の再生と崩壊の2つの可能性の間で大きく揺れ動いていた。

大気汚染の広がる環状16号線外(アウトサイド)――イチロク。薬物に溺れ怠惰な暮らしをおくる大庭葉藏は、ある日、暴走集団と共に行動する謎の男“堀木正雄”と共に特権階級の住まう環状7号線内(インサイド)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.