くらし情報『「ゲーム・オブ・スローンズ」、コーヒーカップに続き新たなミスが発覚でファン呆れ顔』

2019年5月14日 17:10

「ゲーム・オブ・スローンズ」、コーヒーカップに続き新たなミスが発覚でファン呆れ顔

Photo by cinemacafe.net

先週放送の第4話では、物語の時代にそぐわないテイクアウト用のコーヒーカップが映り込むという失態をさらした「ゲーム・オブ・スローンズ 最終章」。

制作陣はミスを認め、「視聴者が気づいたミスがこれだけなら、私たちはうまくやれてる」とほかにも多数のミスがあることを示唆していたが、これをきっかけに、ファンの目がより厳しくなったのかもしれない。第5話に関する重大なミスがネット上で指摘が相次いだ。

【以下、ネタバレあり】

ミスが起きたのは、昨日放送された第5話で、ジェイミー・ラニスター(ニコライ・コスター=ワルドー)が姉のサーセイ(レナ・へディ)を抱きしめるシーン。ジェイミーはシーズン3で右手を失い、これまでずっと義手を装着していたのに、サーセイの腰に添えているジェイミーの右手は義手ではない“本物”の手だった…。放送局の「HBO」は「ニューヨーク・ポスト」紙に、放送ではジェイミーの右手は「見えていない」と主張しているが、皮肉なことに放送前に「HBO」が公開していたプロモーション画像には、はっきりと本物の手が写っている。

「ジェイミーの手が魔法みたいに生えてきた」、「死ぬ前に自分の手でサーセイを抱きしめられてよかったね」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.