くらし情報『『IT』×『チャイルド・プレイ』の最恐タッグが贈る問題作『ポラロイド』日本公開決定』

2019年5月23日 18:00

『IT』×『チャイルド・プレイ』の最恐タッグが贈る問題作『ポラロイド』日本公開決定

Photo by cinemacafe.net

『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』プロデューサーのロイ・リーが製作を務め、リブート版『チャイルド・プレイ』のラース・クレヴバーグがメガホンをとった、『POLAROID』(原題)が『ポラロイド』の邦題で日本公開されることが決定した。

アンティークショップで偶然手に入れた年代モノのポラロイドカメラ。SNS世代の高校生バードたちは、シャッターを押せば写真が出てくるその新感覚なカメラに夢中に。しかしその後、撮影された友人が次々と悲惨な死を遂げていく。死の順番とその法則。被写体の傍に必ず写り込み、死ぬと別の被写体に移動する不可解な<影>。連鎖する悪夢の元凶がこのカメラにあることに気づいたバードだったが、自らも写真に写り込んでいることが発覚し――。

本作は、クレヴバーグ監督が手掛けた15分のショートフィルム『POLAROID』(’15)をきっかけに製作スタート。短編はスペインのトレモリノスファンタスティック映画祭で発表され、「最優秀ショートホラーフィルム賞」を獲得。それを今回セルフリメイクし、長編初にしてハリウッドデビュー!全く新しく、そして前作をはるかに超える恐怖を展開させる。

今回到着した予告編では、バイト先のアンティークショップで年代物でレアなポラロイドカメラを見つけた女子高生のバード(キャサリン・プレスコット)。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.